背中ニキビ 原因

背中ニキビの原因を徹底解明!!原因を知る事で改善法が見つかりますよ!

いつの間にか増えていた背中ニキビ…。「こんな背中じゃ、可愛い服や水着が着られなくなってしまう!!」とお悩みのあなた。何としてでも背中ニキビを改善したいですよね?

 

背中ニキビは顔にできるニキビと原因が違う事はご存知ですか?また、背中ニキビは複数の原因が重なってできてしまいます。そこで今回は、背中ニキビの原因を徹底解明していきますので、改善に役立つ事間違いなしですよ!

 

背中ニキビはマラセチア真菌が原因です!

顔にできるニキビはアクネ菌が原因ですが、背中にできるニキビはマラセチア真菌が原因です。マラセチア真菌はカビの一種で、アクネ菌と同様に常在菌ですので、誰の皮膚にも存在します。マラセチア真菌は皮脂が大好きな真菌です。

 

よって皮脂の多い背中に多く存在し、背中の毛穴に入り込み炎症を起こします。これが背中ニキビの原因です。マラセチア真菌はストレス・睡眠不足・食生活の乱れにより増殖してしまいますので、生活リズムを整える事が大切です。

 

【ホルモンバランスの乱れが背中ニキビを引き起こします!】

 

背中ニキビの原因はホルモンバランス乱れにも大きく関係します。ストレスや不規則な生活をしていると、ホルモンバランスが乱れ男性ホルモンが過剰に分泌されてしまいます。男性ホルモンが増えると皮脂分泌が促進され、毛穴の収縮や毛穴詰まりを引き起こします。

 

毛穴の収縮が起こると毛穴内部に皮脂や角栓が詰まり、マラセチア真菌が住みやすい環境になってしまいます。又、背中は汗をかきやすく湿気も多いですのでマラセチア真菌は大喜びして増殖します。

 

そうならない為に、規則正しい生活やバランスの取れた食事、質の良い睡眠を取る事が必要です。そして、背中を清潔に保つ事も重要です。服やパジャマは通気性や吸汗性の良い素材の物を着用し、毎日清潔な物と取り換える様にしましょう。

 

些細な事も背中ニキビの原因に?!

背中ニキビの大きな原因はマラセチア真菌と男性ホルモンによるものですが、日常の中にも背中ニキビの原因は潜んでいます。それは紫外線や洗剤・シャンプー等による肌への刺激です。

 

紫外線が肌に当たる事で、毛穴に詰まった皮脂を酸化させドロドロの状態にしてしまいます。すると毛穴の詰まりを悪化させますので、悪循環を招いてしまいます。紫外線対策には油分の少ない日焼け止めを使用し、クレンジングもしっかり行う様にしましょう。

 

次に、洗濯洗剤や柔軟剤、シャンプーやリンスも背中ニキビの原因となります。洗剤や柔軟剤は合成保存料や蛍光増白剤不使用の無添加洗剤を使いましょう。そしてシャンプーやリンスも肌に優しいものを使いしっかり洗い流すことが肝心です。

 

この様に、日常生活にも背中ニキビを増殖・悪化させる原因があったのですよ!

 

原因を知る事が改善への近道です

今回ご紹介した背中ニキビの原因で思い当たる節がある方は早めに改善し、悪化を防ぎましょう。あまりにもひどい場合は、皮膚科を受診してみるのも改善法の一つです。しかし、生活習慣を改善しない限り完治は難しいでしょう。

 

再発を防ぐには背中ニキビの原因を突き止め、日常から対処していく事が肝心です。早く治したいという気持ちで、背中ニキビをやっつけましょう!