背中ニキビ 生理

生理前から肌環境は悪くなる!背中ニキビと女性ホルモンの関係とは!?

ほとんどの女性が「生理前に肌が荒れる」という経験をした事があると思います。実は背中ニキビも同じで、生理前になると悪化する傾向にあるのです。これには女性ホルモンが影響しているのですが、どうしてホルモンが背中ニキビを悪化させるのでしょう?

 

今回は生理前になると背中ニキビが発生・悪化する理由についてご紹介していきます。又、背中ニキビを軽減する方法も記載していますので、ぜひご参考にして下さいね!

 

そもそも背中ニキビの原因って?

 

背中ニキビは顔ニキビとは違い「マラセチア真菌」というカビが原因で生じます。マラセチア真菌は誰の肌にも存在する常在菌です。しかし様々な要因でマラセチア真菌は繁殖し、その結果毛穴に真菌が入り込み背中ニキビを発生させるのですよ。

 

マラセチア真菌が繁殖する要因は下記のようなものがあります。あなたにこのような習慣がないかチェックしてみましょう。

 

・不規則な生活 ・睡眠不足 ・運動不足 ・偏った食生活 ・過度なストレス
・背中を不衛生にしている ・ホルモンバランスの乱れ ・背中の乾燥 ・紫外線 等

 

生理前に背中ニキビが発生・悪化する理由とは!?

 

女性ホルモンには「エストロゲン」と「プロゲステロン」の2種類が存在します。エストロゲンは生理後半から排卵にかけて分泌され、肌の潤いやハリを維持してくれるホルモンです。そしてプロゲステロンは排卵から生理前半にかけて分泌されるホルモンです。

 

実は生理前に背中ニキビが悪化する原因は、このプロゲステロンが影響しているのです。プロゲステロンはマラセチア真菌が大好物とする皮脂の分泌量を増加させてしまうのですよ。その為、排卵から生理前半にかけて背中ニキビが発生・悪化するのです。

 

背中ニキビの悪化は女性ホルモンの影響だけでなく、様々な要因が重なって生じる場合が多いです。その要因とは上記で記載した生活習慣の悪化や背中の乾燥等ですので、見直しを行ってみて下さいね。

 

生理前でも背中ニキビを発生・悪化させない習慣はコレ!

 

*規則正しい生活・十分な睡眠*

 

不規則な生活や睡眠不足が続くと、自律神経のバランスが乱れて皮脂の分泌量が増加します。毎日一定の時間に起床・就寝する、十分な睡眠時間を確保する等の習慣を付け、生活リズムを整えましょう。

 

現在、生活リズムが乱れていてなかなか改善できないという場合は、毎朝朝日を浴びるよう心掛けましょう。朝日には体内時計を正常に戻す効果がありますので、ぜひ実践してみて下さいね!

 

*適度な運動*

 

運動不足は血行不良を招き、肌の機能を低下させてしまいます。又、肌環境を悪化させる便秘も引き起こしてしまうのです。ウォーキング・ヨガ・踏み台昇降等の軽い有酸素運動を取り入れ、運動不足を解消しましょう。

 

*背中の保湿*

 

肌が乾燥すると、そのダメージから自らを守ろうと皮脂が過剰に分泌されます。又、乾燥するとターンオーバーが乱れ、毛穴に角栓ができやすくなるのです。背中も顔と同じように、十分な保湿を行いましょう。

 

*背中を清潔に保つ・刺激をなくす*

 

背中ニキビを改善するには、背中を清潔に保つ事や刺激を与えない事が必須です!不衛生にしているとマラセチア真菌や皮脂等の影響で背中ニキビは悪化してしまいます。又、洗剤や石鹸等の影響でも背中ニキビは悪化してしまうのです。

 

・毎日入浴する ・汗をかいたらこまめに拭き取る ・衣類は毎日取り換える
・入浴の際は石鹸やシャンプーが背中に残らないようにしっかり洗い流す
・衣類に洗濯洗剤や柔軟剤が残らないように洗濯する 等

 

上記のような習慣を心掛け、背中ニキビの悪化を防ぎましょうね!

 

普段の習慣を見直して生理前の肌を守りましょう!

 

今回は生理前に背中ニキビが悪化する理由についてご紹介してきましたが、ご参考になりましたか?排卵から生理前半にかけて分泌されるプロゲステロンは、皮脂量を増加させ背中ニキビを悪化させます。しかし女性ホルモンの変動を止める事はできません。

 

よって背中ニキビを生み出す要因を排除して、少しでもニキビの悪化を防止しましょう。生活習慣や食習慣の改善・適度な運動・背中の保湿・ストレス発散等を心掛け、肌環境を整えて下さいね。背中ニキビを改善し、生理前に備えましょう!