背中ニキビ 汗

汗は背中ニキビを悪化させる?汗をかいたら菌の繁殖に要注意です!!

「汗をかく季節に背中ニキビが悪化してしまう!」「汗が背中ニキビを引き起こしているって本当?」このようなお悩みを抱えている方は多いと思います。

 

しかし汗をかく事は肌の代謝機能をアップさせたり、老廃物を排出させたりする作用がありますよね。では、どうして汗の影響で背中ニキビが悪化している気がするのでしょう?今回は背中ニキビと汗の関係についてご紹介していきます。

 

又、汗をかいた時の対処法も記載していますので、ぜひ最後までご覧下さいね!

 

そもそも背中ニキビの原因とは!?

 

背中ニキビは顔ニキビとは違い、マラセチア真菌というカビ菌が原因で生じます。このマラセチア真菌は皮脂や角栓が大好物で、比較的皮脂量の多い背中等に多く繁殖します。そして毛穴に入り込み、炎症を引き起こすのです。

 

これが背中ニキビの生じる理由です。では皮脂量を増やす要因や背中ニキビを悪化させる要因は一体何なのでしょう?それは下記のような点が挙げられますので、あなたにこのような習慣がないかチェックしてみて下さいね!

 

・生活習慣の悪化 ・食習慣の悪化 ・睡眠不足 ・ストレス ・運動不足 ・紫外線
・衣類を洗濯せずに何日も着る ・入浴を毎日しない ・体を冷やしてしまいがち
・シャンプーや石鹸が背中に残っている ・洗濯洗剤や柔軟剤が衣類に残っている 等

 

汗が背中ニキビを悪化させるって本当?その理由とは??

 

汗をかくと肌の表面にある皮脂が水分の上に浮いてしまう為、ベタベタした皮脂が目立ってしまいます。この現象のせいで汗が背中ニキビを悪化させていると思われがちです。しかし汗の主成分は約99%が水分ですので、背中ニキビを悪化させる要素はないのです。

 

それどころか、汗は角質の水分量を増加させて新陳代謝を高める効果があります。さらに体に溜まった老廃物を排出するのも汗の役割です。よって汗をかく事は良い事なのです。

 

しかし汗をかいた後に、そのまま放置しているのはいけません!汗をかいて衣類や肌が濡れた状態の時は、雑菌の繁殖が進んでいます。雑菌を放置していると、ニキビ菌の増加や炎症の悪化を招く為、背中ニキビには良い環境ではありません。

 

汗をかいた時は、きちんと対処して下さいね!詳しい対処法は下記で記載していますので、ぜひご参考にして下さい。

 

背中ニキビを悪化させない為には汗対策と保湿が重要!

 

*背中ニキビを悪化させない汗対策*

 

夏場や運動した後等は、よく汗をかきますよね。そんな時はシャワーを浴びて、背中を清潔に保ちましょう。外出先の場合は、タオルやハンカチで汗を拭き取りましょう。

 

アルコールが含まれていないウエットティッシュ等で拭き取るのも良いでしょう。又、衣類が濡れている場合は取り換えるのがベストです。「多くの汗をかきそうだな」と思う時は、着替えを用意しておく事をオススメします。

 

汗をかいたらきちんと対処し、背中ニキビの悪化を防ぎましょうね。

 

*背中ニキビを悪化させない保湿*

 

汗をかいたら背中がベタベタしてしまいがちですし、夏場は肌が乾燥する事も少ないです。その為、保湿ケアを怠ってしまう方が多いでしょう。しかし夏場でも保湿ケアを行う事を忘れてはいけません!

 

肌は乾燥すると、そのダメージから自らを守る為に皮脂を過剰に分泌します。マラセチア真菌は皮脂を好む真菌ですので、皮脂の増加により背中ニキビは悪化します。さらに乾燥は肌機能を低下させ、古い角質や汚れを毛穴に溜めやすくしてしまうのです。

 

よって汗をかいても、夏場であっても保湿ケアは必ず行って下さいね。

 

汗をかいたらきちんと対処して菌の繁殖を抑えよう!

 

今回は汗が背中ニキビを悪化させる理由についてご紹介してきましたが、ご参考になりましたか?汗自体は背中ニキビを悪化させるものではありません。しかし汗をかいて放っておくと背中の細菌が繁殖し、背中ニキビを悪化させてしまいます。

 

多く汗をかいた後は、きちんと拭き取る・洗い流す等の対策を行いましょう。又、汗をかいた後に汗拭きシートを利用される方は多いと思います。これにはアルコール等が含まれていますので、炎症を起こしたニキビには刺激となる可能性が高いです。

 

よってなるべく使用を避けた方が良いでしょう。適切な汗対策を行い、背中ニキビの悪化を防止しましょうね!