背中ニキビ オロナイン

オロナインが背中ニキビを悪化させる!?背中ニキビは皮膚科で治そう!

「背中ニキビを改善したい!」という方は、様々な治療法をネットで検索されていると思います。そんな中で「オロナインが背中ニキビに効いた」という噂を目にした事はありませんか?

 

オロナインは大塚製薬から販売されている医薬品で、私たちの身近にあるアイテムですよね!しかしオロナインを背中ニキビに使用した場合、症状を悪化させる恐れもあるのです。今回はオロナインが背中ニキビを悪化させる理由についてご紹介していきます。

 

又、正しい改善方法も記載していますので、ぜひ最後までご覧下さいね!

 

そもそも背中ニキビの原因とは!?

 

背中ニキビは顔ニキビとは違い、ほとんどの場合が「マラセチア真菌」によるものです。マラセチア真菌とはカビの一種で、どんな人の皮膚にも存在する常在菌です。このマラセチア真菌が皮脂によって増殖し、毛穴に入り込む事で炎症を引き起こすのです。

 

これが背中ニキビの原因です。マラセチア真菌は皮脂や角栓を好む真菌です。よって改善する為には皮脂量の正常化やターンオーバーの促進が大切になってきます。

 

しかし生活習慣の乱れやストレスは皮脂量を増加させてしまいます。そして偏った食生活や肌の乾燥はターンオーバーのリズムを乱してしまうのです。背中ニキビの改善を目指すなら、まずはこれらの点を意識して生活しましょうね。

 

背中ニキビにオロナインは効くって本当なの?

 

オロナインの効果・効能を見ると「ニキビにも効果的」と記載されています。オロナインの主成分は「クロルヘキシジンググルコン酸塩」です。これには殺菌作用がある為、ニキビの原因となるアクネ菌を殺菌する効果を得られるのです。

 

しかしブツブツと背中に密集してできたニキビは、マラセチア真菌というカビが原因です。クロルヘキシジンググルコン酸塩には殺菌作用はあるものの、真菌を除去する作用はありません。つまり、カビに対しては十分な効果を発揮しないのです。

 

さらに、オロナインには多くの油分が含まれています。その為、皮脂の過剰分泌を促進させたり、毛穴の詰まりを引き起こしたりする可能性も高いです。マラセチア真菌は皮脂や角栓を好む真菌ですので、オロナインを使う事で悪化する場合もあるのです。

 

オロナインは傷や火傷を癒してくれる優れた医薬品です。しかし背中ニキビには効きませんし、悪化させる恐れもあります。この点を十分に理解し、背中ニキビは正しい方法で改善していきましょうね!

 

背中ニキビは皮膚科での治療がオススメ!どんな治療法があるの??

 

上記でも記載しましたが、背中ニキビはマラセチア真菌というカビが原因です。よってカビ菌を減少させる為の抗菌剤が必須なのです。抗菌剤は塗り薬と飲み薬がありますが、症状に合わせて医師が処方してくれるでしょう。

 

又、ニキビの原因である毛穴詰まりを解消する「ディフェリンゲル」という塗り薬を処方される事も多いです。この塗り薬は初期の背中ニキビから炎症を起こした背中ニキビまで、幅広く効いてくれる薬です。

 

しかし副作用が表れる場合もありますので、使用の際は医師の指示に従って下さいね。その他にも、ビタミンB2・ビタミンB6・ビタミンC・漢方薬等を処方される場合があります。

 

いずれもオロナインや市販薬を使用するより、処方された薬を使用する方が効果的です。これらの治療法は保険が適応されますので、背中ニキビに適した薬を使い、改善を目指しましょうね!そして保険適応外の治療法には下記のようなものが存在します。

 

・ケミカルピーリング ・レーザー治療 ・光治療(フォトフェイシャル)
・イオン導入 ・ホルモン治療 等

 

これらの治療では、毛穴詰まり解消・ターンオーバー促進・皮脂の過剰分泌の抑制等の効果が得られます。さらに背中ニキビだけでなくニキビ跡にも効果的なのです。医師と相談しながら治療法を決定していきましょうね。

 

背中ニキビを1日でも早く改善したいなら、間違った方法ではいけません。皮膚科や美容皮膚科を受診して、正しい治療を医師の元で行いましょうね!

 

背中ニキビは正しく改善していこう!

 

今回はオロナインが背中ニキビを悪化させる理由をご紹介してきましたが、ご参考になりましたか?オロナイン自体は優れた効果を持つ薬ですが、背中ニキビには効きません。又、使い方次第では悪化させる恐れもあるのです。

 

この点をしっかり理解し、背中ニキビは皮膚科で治療していきましょうね。又、背中ニキビを予防する事も大切です。生活習慣や食習慣の改善・ストレスの解消・背中の保湿ケア等の対策を行い、ニキビを予防しましょう。

 

正しい方法で背中ニキビを改善し、ツルツル背中を手に入れましょうね!